心サポートセンターKotodama
TOP  |  カウンセリング  |  ママのサロン  |  料金  |  Kotodamaについて  |  お問い合わせ  |  ブログ
ママ褒めサロン
ママ褒めサロン

こどもに問題を抱えている家庭の75%は、
“お母さん自身が大きな悩み”を抱えています!

「子育て」で一番大切なのは、
お母さんが幸せになることです!

私たちのサービスを受けると・・・

サービス内容

まずは、あなたが抱えている子育ての悩みを私たちにすべてぶつけてください!
私たちは決してあなたを否定することはありません。肯定的に全て受け止めていきます。
あなたが過去の問題に対して対応してきた状況や言動行動、その時の感情を言葉にして吐き出してもらいます。
そのときの対応の他に何かできたのか、過去は過去、過ぎたことで、これから似たようなことが起きた時の対応や新たな問題の対応方法を一緒に考えていきます!
一番大切なのは「引きずらないこと」。
自分に自信や余裕が持てたとき、あなたとこどもの人生は間違いなく変わっていきます!

ママ褒めサロン

95%以上の方に「サービスを受けて良かった!」とご満足いただいております。

◆ カウンセラープロフィール

大崎 清美
こどもの教育問題、家庭問題に関するカウンセリング歴20年以上
心理カウンセラー(日本プロカウンセリング協会)・教育コーチ・(日本青少年育成協会初級教育コーチ)NLPマスタープラクティショナー・NLPメンタルセラピスト(un・limited school)・通信制サポート高校(副学院長歴任)・さいたま市生涯学習講師。

はじめまして。
こどもの教育問題、家庭問題を専門としているカウンセラーの大崎清美です。
このページをご覧になっていただきありがとうございます。
私はカウンセリングをさせていただくとき、大切にしているルールがあります。
それは、相談者やカウンセラー、先生や生徒、親やこども、といった「肩書き」の前に、すべてが「人」であるという考え方です。こどもの問題は、こどもだけでなく保護者に対してもしっかりと話を聴くことが大切です。私自身も同じ親として、親としての考えや過去の事例をお伝えさせていただき、今後どうしていくかを一緒に悩み考えていきます。
20年間のカンセリングの経験で確信していることは、「答えは相談者ご自身が持っている」ということ。ご相談者の中に眠っている「答え」に気がつくまで、根気強く待ち続けることが、私の仕事だと思っております。

◆ 事例紹介

こどもに「こうじゃなきゃいけない」と何かにつけ言葉にするお母さんの口癖から、一旦こどものことは横においてお母さんの育った環境を一緒にさかのぼっていったときのことです。お母さんのことを紐解いていくと、お母さん自身がそのように育ってきて苦しかったと話し出しました。そして「無意識のうちに、自分が親からされてきたことと、同じことをしてたんだ」と気づくと、堰を切ったかのように号泣し、今までこどもにしてきたことを責め始めました。そこで「気が付いたことが大事、もう大丈夫」と話をしました。お母さんはその後、こども自身の意見を尊重するようになりました。するとお母さん自身も楽になり、こどもとの関係も良くなりました。
こうした例は、数多くあります。

ママ褒めサロン

◆ サービス詳細

◆ 料金

TOP  |  カウンセリング  |  ママのサロン  |  料金  |  Kotodamaについて  |  お問い合わせ  |  ブログ